新着記事

生活

オミクロン株に特化したワクチンが治験入り オミクロン株の発症までの潜伏期間や症状が分かってきた

以前より噂されていた「オミクロン株に特化したワクチン」の治験が始まる。米モデルナは1月17日に新たな変異株「オミクロン株」に特化したワクチンの治験入りを、塩野義製薬もワクチンの最終臨床試験(治験)を国内で始め、オミクロン株に効くワクチン開発を検討すると話している。
テクノロジー

新世代の若者の”人工知能化”とAIによるディープラーニングの有限性と無限性

現代人はインターネットから情報を得て、スマホで共有し、気心が知れた仲間との間で情報共有しているがAIにも得意、不得意があることがわかってきた。「デジタル・ネイティブ世代」の共通項とディープラーニングのメリット・デメリットを考えてみたい。
科学

ips細胞を活用した治療で続々と新しい治療法が開発される 活用の大きな壁ががん化と高コスト

ips細胞を使った難病の治療法が続々と開発され、研究レベルから実用レベルになってきている。免疫細胞を作成しがん新治療法の開発や神経細胞を作成し脊髄損傷の患者に移植する世界初の手術、作成した細胞を迅速かつ安全に選別する方法などの開発が進んでいる。
科学

4年間に3つ以上の新たな臓器が見つかる 今後も発見される可能性も

われわれにはまだ見つかっていない未知の臓器が多数ある。2018年3月に「間質」空間の構造と分布、2020年10月に鼻腔と咽頭につながる部分に未知の腺の発見、2022年1月12日には、「咬筋」の一種を発見している。これからも新たな発見があるかもしれない。
タイトルとURLをコピーしました