未分類

健康

難治性の肝細胞がんの生存期間を約2倍近く延長させる「LEN-TACE シークエンシャル療法」

近畿大学医学部(大阪府大阪狭山市)内科学教室(消化器内科部門)主任教授工藤正俊らの研究グループは、これまで治療法が存在しなかった多発・大型肝がん患者の生存期間を約2倍近く延長させ、死亡リスクを52%低減させることを世界で初めて証明した。
タイトルとURLをコピーしました