合成燃料

テクノロジー

欧州主導のEV(電気自動車)化にほころびが 日本が誇るHVと合成燃料で今後もエンジンが活躍

欧州の2035年までの全新車ゼロエミッション化にドイツ産業界が反対を示し、内燃機関搭載車の一律禁止には反対したことで欧州でのEV化は遅れることに。CO2と水素から作られる「合成燃料」に熱い視線が注がれており、今後もエンジンが活用される可能性が高まっている。
タイトルとURLをコピーしました