フードロスに挑戦!逆転の発想で「パンからビールを作る」

生活

「もったいない…」と思いつつも、賞味期限切れ(これはまだまだ食べられる!)や消費期限切れ(すぐには悪くならないので1~2ヶ月程度なら食べられるかも)の食品を廃棄しています。その量は平成29年度の食品廃棄物等は約2550万トン、このうち食品ロスにあたるのは約612万トンと推計されている。(環境省)
そんな中、捨てられるはずだったパンからビールをつくる取り組みを、シンガポールを拠点とするフードテクノロジー企業・CRUSTグループの株式会社CRUST JAPANが行っている。



それが「CRUST PILSNER」プロジェクトで、食べられるにも関わらず、廃棄予定にあった“フードロスパン”と日本アルプスの天然水を原料に、ピルスナータイプのクラフトビールを作るというもの。日本初上陸となったこのプロジェクトは、クラウドファンディングサイト「Makuake」で3月4日から目標金額40万円で先行販売を開始。4月3日現在、約27万円の支援を受けて販売となった。

CRUSTグループでは「2030年までに世界の食品ロスを1%削減する」という目標を掲げており、このプロジェクトも「美味しいだけではなく、飲む事でSDGsへの貢献にも繋がる」活動を行うという。
社会貢献型ショッピングサイト「junijuni」

原材料はパンの耳

パンのアップサイクル(新たに原材料として活用)の際に主に使っているのは、サンドイッチや食パンなどから廃棄されるパンの「皮(クラスト)」の部分で、これが社名となっている。酵母と麦芽で発酵させる際に糖分を抽出しやすいよう、パンの「皮」を小さくカットし、適切な温度管理、水分量、発酵時間のコントロールをしている。
CRUST独自のレシピ、配合、技術を用いることで、従来のビール原料のうち、パンや米などで最大50%まで置き換えるという。置き換えすることで、すでに流通している食品のロスを減らすことができることとなり、二酸化炭素の排出量を減らせる。現在はバターやクリームを含まないパンを原料として使用しているが、今後は天ぷらやホットケーキ、クッキーなどに使用できるパンケーキミックスの粉などの、他の原材料が含まれていても製造が出来るよう研究中だ。
2021年2月時点で、すでに150kg以上のパンを削減しており、これは3450kg以上の温室効果ガスを削減したことになるという。
おつとめ品を買って社会貢献!あったらいいなをカタチにしました、社会貢献型ECサイト「atara(アタラ)」

食べることで環境問題に貢献

今後CRUST JAPANでは、オレンジの皮やパイナップルの皮、マッシュルームの茎などを使った健康飲料「CROP」も4~5月に発売予定だという。

SDGsを私たち自身の問題として捉え、行動することにより、未来の環境が少しでも良くなることを願っています。

Makuake

Makuake|【シンガポールから上陸!】SDGsに貢献出来るピルスナー開発プロジェクト!|Makuake(マクアケ)
まだ食べられるのに捨てられる予定だったパンから生まれたクラフトピルスナー。 シンガポールのフードテクノロジー企業CRUSTグループのピルスナーが日本初上陸!日本国内のフードロスパンを使用したサステイナブルなピルスナーの先行販売となります。豊かな香りと軽やかで香ばしい後味が特徴です。日本アルプスの天然水を使用したこのピ...

参考:

売れずに余ったパンから「ビール」を醸造…パンの風味はする?食品ロスに挑む会社に聞いた(FNNプライムオンライン) - Yahoo!ニュース
まだ食べられるのに廃棄されてしまう食品、いわゆる「食品ロス(フードロス)」の問題。環境省の発表によると、平成29年度の食品廃棄物等は約2550万トン、このうち食品ロスにあたるのは約612万トンと推計

コメント

タイトルとURLをコピーしました