syunhp20

生活

オミクロン株に特化したワクチンが治験入り オミクロン株の発症までの潜伏期間や症状が分かってきた

以前より噂されていた「オミクロン株に特化したワクチン」の治験が始まる。米モデルナは1月17日に新たな変異株「オミクロン株」に特化したワクチンの治験入りを、塩野義製薬もワクチンの最終臨床試験(治験)を国内で始め、オミクロン株に効くワクチン開発を検討すると話している。
テクノロジー

新世代の若者の”人工知能化”とAIによるディープラーニングの有限性と無限性

現代人はインターネットから情報を得て、スマホで共有し、気心が知れた仲間との間で情報共有しているがAIにも得意、不得意があることがわかってきた。「デジタル・ネイティブ世代」の共通項とディープラーニングのメリット・デメリットを考えてみたい。
科学

ips細胞を活用した治療で続々と新しい治療法が開発される 活用の大きな壁ががん化と高コスト

ips細胞を使った難病の治療法が続々と開発され、研究レベルから実用レベルになってきている。免疫細胞を作成しがん新治療法の開発や神経細胞を作成し脊髄損傷の患者に移植する世界初の手術、作成した細胞を迅速かつ安全に選別する方法などの開発が進んでいる。
科学

4年間に3つ以上の新たな臓器が見つかる 今後も発見される可能性も

われわれにはまだ見つかっていない未知の臓器が多数ある。2018年3月に「間質」空間の構造と分布、2020年10月に鼻腔と咽頭につながる部分に未知の腺の発見、2022年1月12日には、「咬筋」の一種を発見している。これからも新たな発見があるかもしれない。
健康

オミクロンは想定外のスピードでまん延します。今から備えることで家族に安心・安全を

沖縄県・広島県内で急速に広まっているオミクロン株。このスピードでまん延すると、1~2週間後には全国で1日数万人に達する可能性もある。この広がりを少しでも抑えるために何に注意すれば良いかを今一度考えることと、軽傷者用の飲み薬が処方される人とされない人の違いを調べた。
テクノロジー

水素の低コスト化のカギは触媒の「磁性」 アンモニア化合物で輸送や貯蔵のコストも削減

次世代の燃料の研究が進んでいるが、コスト面や維持管理、貯蔵・輸送などで未だ発展途上。兵庫県立大大学院工学研究科の森下政夫教授(熱力学)の研究チームが、高価な白金と同等の効率でアンモニア化合物から水素を抽出できる安価な新触媒を開発したと発表した。
健康

オミクロン株は「風邪の症状」に酷似 帰省や人の移動で徐々に広がっているので注意を

オミクロン株の変異特性がインフルエンザのようになる最初の段階ではないかという分析が出ている。しかし詳しい調査をしなければ軽症で済むのかは分からないので警戒が必要。また血液型により重症化に差が出るという研究結果が出された。今後の更なる変異に注目が集まっている。
テクノロジー

カーボンニュートラルを目指し、日本の大手建設各社や商社が「グリーン水素」の実証プラント・製造に乗り出す

人間の生活による二酸化炭素などの温室効果ガスの放出が世界の気候を大きく変えようとしている。国も水素を活用した「カーボンニュートラル」社会を目指しており、日本の大手各社や商社は他業種と連携し「グリーン水素」の実証プラント・製造に乗り出し成果を出している。
テクノロジー

飼い犬や飼い猫だけでなく人間のそばで生活する動物は言葉の意味をある程度理解できている

犬は人間が発する言葉を平均で89単語まで理解していることが、2021年12月28日、カナダのダルハウジー大学のキャサリン・リーブ氏らが、また2019年4月、英国の科学誌の発表で、飼い猫も「自分の名前」「一般名詞」「同居猫の名前」を聞き分けていることが、実験で明らかになった。
健康

天然には存在せず毒性が高い物質「PCB」が人への被害だけでなく深海も汚染している

水深1万mを超える西太平洋の海溝や相模湾・初島沖の水深約900メートルの深海底底に棲む貝や端脚類から驚くべき高濃度のPCBが検出された。その原因は海洋を漂うマイクロプラスチックにPCBが吸着・濃縮され、海生生物の誤食と食物連鎖を経て1万mの海溝まで到達した。
タイトルとURLをコピーしました