テクノロジー

テクノロジー

新世代の若者の”人工知能化”とAIによるディープラーニングの有限性と無限性

現代人はインターネットから情報を得て、スマホで共有し、気心が知れた仲間との間で情報共有しているがAIにも得意、不得意があることがわかってきた。「デジタル・ネイティブ世代」の共通項とディープラーニングのメリット・デメリットを考えてみたい。
テクノロジー

水素の低コスト化のカギは触媒の「磁性」 アンモニア化合物で輸送や貯蔵のコストも削減

次世代の燃料の研究が進んでいるが、コスト面や維持管理、貯蔵・輸送などで未だ発展途上。兵庫県立大大学院工学研究科の森下政夫教授(熱力学)の研究チームが、高価な白金と同等の効率でアンモニア化合物から水素を抽出できる安価な新触媒を開発したと発表した。
テクノロジー

カーボンニュートラルを目指し、日本の大手建設各社や商社が「グリーン水素」の実証プラント・製造に乗り出す

人間の生活による二酸化炭素などの温室効果ガスの放出が世界の気候を大きく変えようとしている。国も水素を活用した「カーボンニュートラル」社会を目指しており、日本の大手各社や商社は他業種と連携し「グリーン水素」の実証プラント・製造に乗り出し成果を出している。
テクノロジー

飼い犬や飼い猫だけでなく人間のそばで生活する動物は言葉の意味をある程度理解できている

犬は人間が発する言葉を平均で89単語まで理解していることが、2021年12月28日、カナダのダルハウジー大学のキャサリン・リーブ氏らが、また2019年4月、英国の科学誌の発表で、飼い猫も「自分の名前」「一般名詞」「同居猫の名前」を聞き分けていることが、実験で明らかになった。
テクノロジー

オミクロン株の感染力と今後の変異 年末年始の過ごし方で来年の感染状況が変わる

「オミクロン株」による市中感染が東京・大阪・京都・沖縄に次いで神奈川・山口でもじわりじわりと増えている。「オミクロン株」は「デルタ株」と違い、年齢の若い人にも急速に広がっているいま、「オミクロン株」の特徴を知り、年末年始の過ごし方を考えてみませんか。
テクノロジー

2022年以降、出遅れていた新型コロナワクチンや飲み薬が日本メーカーからも続々と承認され発売される

これまで海外メーカーに独占されてきた新型コロナワクチン。国内の新型コロナワクチンの開発と生産を一括でできなかったためワクチン接種時期が他の国より遅れる事態となった。しかしここに来て国内メーカーもワクチンや飲み薬の開発に成功し治験を行っている。
テクノロジー

自然界の驚異 プラスチックを生分解し栄養源とする細菌が爆発的に増殖している

世界のプラスチック生産は1960年代~2019年で約20倍の4億トン/年に増加し、20年後は現在の2倍となる予測がでている。そんな中、世界中の海や土壌に生息している微生物が、プラスチックを食べられるように進化しているという驚きの研究結果が発表された。
テクノロジー

ネコの心理学 ネコの”ツンデレ”は飼い主の位置を常に把握している

京都大学に所属していた高木佐保・日本学術振興会特別研究員(比較認知学、現・麻布大特別研究員)が飼いネコ50匹の実験で、ネコが飼い主の位置を頭の中に描いて行動する方法を身につけていることを解き明かした。またネコがツンデレする理由と解消法を紹介
テクノロジー

世界中の人々に福音となるか 理研が発表した日本人の新型コロナ患者の重症者や死亡者が非常に少ない理由「ファクターX」

日本人の約6~7割が持っている免疫細胞の白血球の型「HLA―A24」が、新型コロナウイルスの感染細胞にも攻撃する実験結果を、理化学研究所の藤井真一郎氏が率いるチームが発表した。またその他の「ファクターX」の候補から見えてくる日本人の気質がまん延を防いでいる。
テクノロジー

「iPS細胞」から造られた受精卵で胎児になる初期細胞着床に成功 ガンダムSEEDの世界が・・

山中伸弥氏が率いる京都大学の研究グループによって人工多能性幹細胞「iPS細胞」が作り出され、難病治療に役立っている。「iPS細胞」から造られた受精卵で胎児になる初期細胞着床に成功したことで遺伝子の関わりや「胚盤胞」の発生や「着床」のメカニズムを詳しく分析できる。
タイトルとURLをコピーしました