テクノロジー

テクノロジー

植物の光合成メカニズムを哺乳類細胞に移入し細胞の退化と老化が逆転 中国科学研究チームが発表

12月9日、英国の総合学術雑誌「ネイチャー」が、中国科学研究チームの光合成に関する長文の研究成果を掲載した。この研究は老化して病変が発生した動物細胞内に、ホウレンソウの細胞から抽出した小組織を移入させることで細胞の退化と老化が逆転に成功したという。
テクノロジー

太陽光発電の弱点を克服か 太陽を追尾せずに通常の3倍の光を効率的に集められる集光デバイスを開発

太陽光発電の弱点は太陽電池アレイが常に太陽方向に向かないと最大限の発電は出来ない。この問題に米スタンフォード大学はあらゆる角度から入ってくる光を効率的に集め、固定位置に集中して出力できるレンズデバイスの研究論文を発表した。
テクノロジー

「大豆」の代替肉ではなく「脱脂米ぬか」から代替肉の調製に世界で初めて成功

資源小国の日本。毎年お米が生産され、精米する時に出るのが大量の「米ぬか」。「米ぬか」の油分を絞った後の「脱脂米ぬか」を活用し、山形大学の渡辺教授らの研究チームが代替肉を製造することに世界で初めて成功したと10月6日に発表した。
テクノロジー

カメラに別の「存在しないもの」を表示させる技術開発に成功 見えないものを見せ、誘導するサイバー攻撃が可能

電波を使い、画像認識システムをだまして存在しないものを見せる手法が提起された。この技術が恐ろしいのは、電波を使って遠距離からイメージセンサーに異常を起こさせ、攻撃者が見せたい映像を対象者に見せることができることだ。
テクノロジー

AIが生成した「偽音声」で詐欺が発生しているが、「偽音声」を99%見抜く検知器も開発される

AIの技術が加わり、本物と見分けが付かないレベルの映像や音声がネット上に掲載され、一部では詐欺に利用されている。米フロリダ大学の研究チームが音声生成モデルで作成された合成音声を見抜く検出器を開発し、99%以上の精度で識別できたという。
テクノロジー

NASAが小惑星の軌道変更を試みる 映画「アルマゲドン」の超mini版

地球に降り注ぐ大小の隕石の数は年間に数千個あり、そのうち1908年にロシアのツングースカに落下した隕石のような大型隕石は5年に1度程度あるという。こうした大型隕石の軌道を変更させる世界初の実験を、NASAが無人探査機DART(ダート)を使って行う。
テクノロジー

ヒトが遺伝子操作で細胞を改変し、体の組織を作り出す技術の先にあるものとは

iPS細胞が実用化され、難病の患者に治療法が確立しつつある。京都大学ではiPS細胞を非動物由来の新しい培養法で「間葉系幹細胞」を作成、またiPS細胞で脳オルガノイドを作成しアルツハイマー病やヒトだけが持つ遺伝子研究に使用されている。
テクノロジー

リアルな教材として使えるレベル!九州大学が1400点以上の超リアルな「3Dデジタル生物標本」を公開

超リアルな「3Dデジタル生物標本」を九州大学が公開した。その緻密さはリアルそのもので、魚などの水生生物を中心に、は虫類、両生類、軟体動物、甲殻類、虫、植物、菌類など、700種以上の生物を公開している。理科の授業で積極的に使えるレベルだ。
テクノロジー

加速度的に進化するAI 考えただけで文章を作ったり、精度100%で心臓病を発見する技術

AIの進化が著しい。Metaは脳に電極を刺さず、脳が活動する際に変化する電場と磁場をセンサーで取得し解析することで、単語を推測できるAIモデルを開発。またインドとスロベニアの大学では、AIで低コストの大動脈弁狭窄症を発見する技術を開発した。
テクノロジー

光合成を行わず作物を生産する研究が進行中 少ないスペースで食料生産を可能にする研究

6月23日付けの学術誌「Nature Food」に、光合成を行わず植物を育てることで、より効率よく食料を生産する論文が掲載された。酢酸塩という化合物を栄養として「人工光合成」を行い、従来の農業よりも少ない物理的スペースとエネルギーで食料を生産する。
タイトルとURLをコピーしました