テクノロジー

テクノロジー

カメラに別の「存在しないもの」を表示させる技術開発に成功 見えないものを見せ、誘導するサイバー攻撃が可能

電波を使い、画像認識システムをだまして存在しないものを見せる手法が提起された。この技術が恐ろしいのは、電波を使って遠距離からイメージセンサーに異常を起こさせ、攻撃者が見せたい映像を対象者に見せることができることだ。
テクノロジー

AIが生成した「偽音声」で詐欺が発生しているが、「偽音声」を99%見抜く検知器も開発される

AIの技術が加わり、本物と見分けが付かないレベルの映像や音声がネット上に掲載され、一部では詐欺に利用されている。米フロリダ大学の研究チームが音声生成モデルで作成された合成音声を見抜く検出器を開発し、99%以上の精度で識別できたという。
テクノロジー

NASAが小惑星の軌道変更を試みる 映画「アルマゲドン」の超mini版

地球に降り注ぐ大小の隕石の数は年間に数千個あり、そのうち1908年にロシアのツングースカに落下した隕石のような大型隕石は5年に1度程度あるという。こうした大型隕石の軌道を変更させる世界初の実験を、NASAが無人探査機DART(ダート)を使って行う。
テクノロジー

ヒトが遺伝子操作で細胞を改変し、体の組織を作り出す技術の先にあるものとは

iPS細胞が実用化され、難病の患者に治療法が確立しつつある。京都大学ではiPS細胞を非動物由来の新しい培養法で「間葉系幹細胞」を作成、またiPS細胞で脳オルガノイドを作成しアルツハイマー病やヒトだけが持つ遺伝子研究に使用されている。
テクノロジー

リアルな教材として使えるレベル!九州大学が1400点以上の超リアルな「3Dデジタル生物標本」を公開

超リアルな「3Dデジタル生物標本」を九州大学が公開した。その緻密さはリアルそのもので、魚などの水生生物を中心に、は虫類、両生類、軟体動物、甲殻類、虫、植物、菌類など、700種以上の生物を公開している。理科の授業で積極的に使えるレベルだ。
テクノロジー

加速度的に進化するAI 考えただけで文章を作ったり、精度100%で心臓病を発見する技術

AIの進化が著しい。Metaは脳に電極を刺さず、脳が活動する際に変化する電場と磁場をセンサーで取得し解析することで、単語を推測できるAIモデルを開発。またインドとスロベニアの大学では、AIで低コストの大動脈弁狭窄症を発見する技術を開発した。
テクノロジー

光合成を行わず作物を生産する研究が進行中 少ないスペースで食料生産を可能にする研究

6月23日付けの学術誌「Nature Food」に、光合成を行わず植物を育てることで、より効率よく食料を生産する論文が掲載された。酢酸塩という化合物を栄養として「人工光合成」を行い、従来の農業よりも少ない物理的スペースとエネルギーで食料を生産する。
テクノロジー

ウクライナでも活躍する「スターリンク」 2023年末までに全米でiPhone14で直接衛星通信が可能に

現代は「情報」の時代であり、ウクライナが戦い続けられるのも米SpaceX社の衛星インターネットサービス「Starlink」の情報共有が大きい。iPhone14が衛星通信機能テスト完了下と伝えられ、2023年末までに全米で通信できるようにすると発表。
テクノロジー

金属と高分子のナノ粒子複合体が細菌を簡単に検出する細菌検査手法を開発

固有色の光を散乱するナノ粒子複合体に細菌の抗体を表面に塗布し、それに食中毒の原因菌を付着させると散乱光が変化する。この特性を生かし、1時間程度で食中毒菌の特定ができる手法を大阪公立大学の研究チームが開発した。
テクノロジー

イラスト自動生成AI「Midjourney」だけじゃない AIが描き出すイラスト生成「Stable Diffusion」

AIに文章で指示するだけで画像を描くサイトが盛り上がっている。NASAの元技術者が代表を務めるAI研究チームが開発した画像生成AI「Midjourney」や英Stability AIが発表した「Stable Diffusion」が注目を集めている。
タイトルとURLをコピーしました