健康

健康

オミクロンは想定外のスピードでまん延します。今から備えることで家族に安心・安全を

沖縄県・広島県内で急速に広まっているオミクロン株。このスピードでまん延すると、1~2週間後には全国で1日数万人に達する可能性もある。この広がりを少しでも抑えるために何に注意すれば良いかを今一度考えることと、軽傷者用の飲み薬が処方される人とされない人の違いを調べた。
健康

オミクロン株は「風邪の症状」に酷似 帰省や人の移動で徐々に広がっているので注意を

オミクロン株の変異特性がインフルエンザのようになる最初の段階ではないかという分析が出ている。しかし詳しい調査をしなければ軽症で済むのかは分からないので警戒が必要。また血液型により重症化に差が出るという研究結果が出された。今後の更なる変異に注目が集まっている。
健康

天然には存在せず毒性が高い物質「PCB」が人への被害だけでなく深海も汚染している

水深1万mを超える西太平洋の海溝や相模湾・初島沖の水深約900メートルの深海底底に棲む貝や端脚類から驚くべき高濃度のPCBが検出された。その原因は海洋を漂うマイクロプラスチックにPCBが吸着・濃縮され、海生生物の誤食と食物連鎖を経て1万mの海溝まで到達した。
テクノロジー

オミクロン株の感染力と今後の変異 年末年始の過ごし方で来年の感染状況が変わる

「オミクロン株」による市中感染が東京・大阪・京都・沖縄に次いで神奈川・山口でもじわりじわりと増えている。「オミクロン株」は「デルタ株」と違い、年齢の若い人にも急速に広がっているいま、「オミクロン株」の特徴を知り、年末年始の過ごし方を考えてみませんか。
テクノロジー

2022年以降、出遅れていた新型コロナワクチンや飲み薬が日本メーカーからも続々と承認され発売される

これまで海外メーカーに独占されてきた新型コロナワクチン。国内の新型コロナワクチンの開発と生産を一括でできなかったためワクチン接種時期が他の国より遅れる事態となった。しかしここに来て国内メーカーもワクチンや飲み薬の開発に成功し治験を行っている。
テクノロジー

世界中の人々に福音となるか 理研が発表した日本人の新型コロナ患者の重症者や死亡者が非常に少ない理由「ファクターX」

日本人の約6~7割が持っている免疫細胞の白血球の型「HLA―A24」が、新型コロナウイルスの感染細胞にも攻撃する実験結果を、理化学研究所の藤井真一郎氏が率いるチームが発表した。またその他の「ファクターX」の候補から見えてくる日本人の気質がまん延を防いでいる。
テクノロジー

感染を防止し重症化を抑える「ワクチン」、病気の進行を遅らせ止める役割の新型コロナ治療薬の開発が急ピッチ

オミクロン株の感染が広がり続け治療薬の一日でも早い実用化が求められている。アメリカの製薬大手メルク、ファイザー、塩野義製薬が治療薬の開発を急ピッチで進めており、自宅で治療しやすくなる飲み薬が認められれば、医療機関や患者本人の負担軽減につながる。
健康

オミクロン株のブレークスルー感染力は増大しているが重症患者はほとんどいない?

南アでは一日当たりの新型コロナ感染者数が4日間で4倍であり、オミクロン株の再感染リスクは他の変異株の3倍。世界38か国に爆発的に広がり続けている。感染で「極度の疲労感」「のど咳や痛み」が出るとともに、南アでは2歳未満の乳幼児の入院率が約10%にものぼる。
健康

免疫反応回避など新たなる新型コロナ変異株が南アで増殖 英国は南アへの渡航制限

更なる新型コロナ変異株が南アで発見されたと南ア国立伝染病研究所が25日に発表した。同国で新たな変異ウイルス(B.1.1.529)が確認され、従来の変異ウイルスに比べて複数の変異を獲得し、免疫反応をくぐり抜けるという「非常に珍しい」変異能力を身に付けている。
テクノロジー

ショック!大人が蓄積したプラスチック成分が出産直後の乳児から見つかっている

我々は数多くのプラスチックの製品に囲まれて生活しているが、そのことで体の不調を引き起こし、次の世代に異常を起こす原因をつくっている。米化学会(ACS)が乳児が体内に取り込んでいるマイクロプラスチックの量は、成人の16倍に達していることが明らかにしている。
タイトルとURLをコピーしました