テクノロジー

ヒトが遺伝子操作で細胞を改変し、体の組織を作り出す技術の先にあるものとは

iPS細胞が実用化され、難病の患者に治療法が確立しつつある。京都大学ではiPS細胞を非動物由来の新しい培養法で「間葉系幹細胞」を作成、またiPS細胞で脳オルガノイドを作成しアルツハイマー病やヒトだけが持つ遺伝子研究に使用されている。
テクノロジー

リアルな教材として使えるレベル!九州大学が1400点以上の超リアルな「3Dデジタル生物標本」を公開

超リアルな「3Dデジタル生物標本」を九州大学が公開した。その緻密さはリアルそのもので、魚などの水生生物を中心に、は虫類、両生類、軟体動物、甲殻類、虫、植物、菌類など、700種以上の生物を公開している。理科の授業で積極的に使えるレベルだ。
テクノロジー

加速度的に進化するAI 考えただけで文章を作ったり、精度100%で心臓病を発見する技術

AIの進化が著しい。Metaは脳に電極を刺さず、脳が活動する際に変化する電場と磁場をセンサーで取得し解析することで、単語を推測できるAIモデルを開発。またインドとスロベニアの大学では、AIで低コストの大動脈弁狭窄症を発見する技術を開発した。
エンターテイメント

大谷翔平が緊急降板も12勝目! MVPを獲得するのは大谷?ジャッジ?

MLBの2022年シーズンも残すところ1ヶ月弱。ア・リーグのMVP争いは混迷を極めており、シーズン開幕から異次元の本塁打を量産し、年間60本塁打を目前に控えたヤンキースのアーロン・ジャッジ選手と大谷翔平投手の二刀流とのデッドヒートが繰り広げられている。
未分類

次の変異株はインフルとともに流行 新型コロナが落ち着きつつある今、第7波の失敗を繰り返さない体制を

新型コロナの第7波がピークアウトしつつある。これは一時的な耐性がついたためという専門家の話もあり、油断を許さない。人々の意識も普通の病気と捉える風潮もあり、感染注意が下がれば、今年の冬に今よりも感染者や死者が増加する懸念がある。
芸能

ポスト香川氏で思うこと 日本は常軌を逸した「全体主義」的な風習の国なのか

「ポスト香川照之」探しが始まっている。テレビや広告で見ない日はないほど様々なメディアに出演していたが、今では「臭いものには蓋をする」ように締め出しているように見える。アメリカでも様々な性加害が起きているが、日本とはかなり状況が違う。
テクノロジー

光合成を行わず作物を生産する研究が進行中 少ないスペースで食料生産を可能にする研究

6月23日付けの学術誌「Nature Food」に、光合成を行わず植物を育てることで、より効率よく食料を生産する論文が掲載された。酢酸塩という化合物を栄養として「人工光合成」を行い、従来の農業よりも少ない物理的スペースとエネルギーで食料を生産する。
芸能

TBS「THE TIME,」だけじゃない 不祥事の降板は番組編成が大変なことに

「THE TIME,」の後任司会者に江藤愛アナが就任した。出遅れているTBSは、安住アナと香川氏の発信力に期待をかけていたため、このダメージは大きい。NHKも「香川照之の昆虫すごいぜ!」に苦慮している。この波紋は芸能界以外にも様々な分野に及ぶ。
テクノロジー

ウクライナでも活躍する「スターリンク」 2023年末までに全米でiPhone14で直接衛星通信が可能に

現代は「情報」の時代であり、ウクライナが戦い続けられるのも米SpaceX社の衛星インターネットサービス「Starlink」の情報共有が大きい。iPhone14が衛星通信機能テスト完了下と伝えられ、2023年末までに全米で通信できるようにすると発表。
テクノロジー

金属と高分子のナノ粒子複合体が細菌を簡単に検出する細菌検査手法を開発

固有色の光を散乱するナノ粒子複合体に細菌の抗体を表面に塗布し、それに食中毒の原因菌を付着させると散乱光が変化する。この特性を生かし、1時間程度で食中毒菌の特定ができる手法を大阪公立大学の研究チームが開発した。
タイトルとURLをコピーしました