エンターテイメント

エンターテイメント

エンゼルスに深刻な問題が浮上! 来季の大谷翔平はエンゼルスにいない可能性も

6月21日(現地)今季4度目の1試合2ホーマー、自身最多の8打点を記録。次の日にはチームのブルペン状況を理解し続投直訴し自己最多の8回を投げ、メジャー自己新の13奪三振をマークする。来季エンゼルスには大谷を満足させるだけの年俸が払えないかも知れない。
エンターテイメント

「正直不動産」が今期No.1ドラマとの高い評価 この作品で山下智久とともに福原遥は更なるジャンプアップ!

三度にわたる連続再放送がされたのが山下智久主演の『正直不動産』は異例づくしの放送であろう。「月下咲良(福原遥)」はドラマの成功で、2022年度後期のNHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』のヒロインに抜擢されるなど、更なるジャンプアップを目指している。
エンターテイメント

楽しくEcoを世界に広めるエコラッパー「ヒラ・ザ・キラー(Hila The Killa)」

ニューヨークには楽しくエコを訴えるエコラッパー、ヒラ・ザ・キラー(Hila The Killa)がいる。彼女は地球儀に見立てたスパンデックスで覆われた球体を纏い、地球について、そして気候変動や汚染から地球を救う方法についてラップしている。
エンターテイメント

かなり頑張っていたのに残念! 左手薬指痛めた影響でカブス鈴木が10日間負傷者リスト入り

カブス・鈴木誠也は天国と地獄を行ったり来たりしている。5月26日のシンシナティ・レッズ戦の3回、今季3つ目の盗塁で捕手の送球を避けようとして左手薬指を突き指し負傷した。これにより、10日間の故障者リスト入り。戦列復帰は最短で日本時間6月7日という。
エンターテイメント

鈴木誠也は打てなくなったのはMLB新参者への洗礼か?それとも誤審する審判が多いのか?3Aでは今季からロボット審判導入へ

カブス・鈴木誠也が“メジャーの洗礼”を受け、誤判定されたケースが24度に及ぶ。審判の誤判定調査で2018年までの11シーズンの誤審率は12.78%に登り、その多くが年配のベテラン審判であることも分かっている。MLBはマイナー3Aでロボット審判を導入する予定。
エンターテイメント

不動産業界にも影響か 「正直不動産」が絶好調で“異例”といえる2度の連続再放送を決定

山下智久主演の「正直不動産」の評価がうなぎ上り。オリコン集計ドラマ満足度でも2週連続トップ。NHKも要望に応えるためとして2度の連続再放送を決定した。ドラマ展開の速さと人情味あふれるストーリーに不動産業界の"闇"に切り込んだ内容に目が離せない。
エンターテイメント

カブス・鈴木はやっぱり凄かった 入団1ヶ月で4月の月間MVPに選出される

大リーグ機構は5月2日、カブス・鈴木誠也がナショナルリーグの4月のMVP(月間最優秀新人)に選出!日本選手が選出されたのは、2018年の大谷翔平選手以来4年ぶり通算7人目。ただど真ん中で見逃し三振を取られるなど、不安要素もあるが、今後も活躍してくれるに違いない。
エンターテイメント

連続出塁記録は12で止まったが鈴木誠也はやっぱり「神ってる」

鈴木誠也の連続出塁記録が12で止まった。だが驚異的な開幕ダッシュで、1年目からこれほどメジャーを沸かせた日本人選手は少ない。これまで広島カープで鍛えられた「異常」とも評される「選球眼」「中距離ヒッター」が快進撃を支えている。
エンターテイメント

カブス・鈴木誠也 敬遠四球は大谷と並ぶトップ選手と認められた証か!?

大リーグ公式サイトが「開幕から印象に残った事象や選手」についての記事を掲載し、その中で、「スズキセイヤは彼ら(カブス)が望んでいたすべて」と鈴木誠也への賛辞が記載された。デビューから7試合連続出塁に打率.368、3本塁打、10打点、OPSは1.395にアップした。
エンターテイメント

鈴木誠也は大谷翔平と並ぶ「世界基準」大リーガー その妻・畠山愛理の英語力による「内助の功」でアシスト

鈴木誠也の評価はオープン戦の最中でありながらすでに大谷翔平やダルビッシュ有と並ぶ高い評価を得ている。それは彼の野球に対する姿勢や周りの人への配慮もあるが、彼の実力を多くの関係者が認めている。更にカブス球団との契約時に妻・畠山愛理が果たした役割も大きい。
タイトルとURLをコピーしました