エンターテイメント

エンターテイメント

王貞治氏も称賛する村上宗隆は今シーズン最高の本塁打バッター 今後の動向はいかに

史上最年少の三冠王を目指して驀進中のヤクルト・村上宗隆内野手。その神がかり的な活躍で史上最年少で50号本塁打到達し、王貞治氏に並ぶシーズン最多55本塁打を打ち、今なお増産中だ。来季以降も活躍すると思われるため、メジャーのスカウトも水面下で動き始めている。
エンターテイメント

大谷翔平が緊急降板も12勝目! MVPを獲得するのは大谷?ジャッジ?

MLBの2022年シーズンも残すところ1ヶ月弱。ア・リーグのMVP争いは混迷を極めており、シーズン開幕から異次元の本塁打を量産し、年間60本塁打を目前に控えたヤンキースのアーロン・ジャッジ選手と大谷翔平投手の二刀流とのデッドヒートが繰り広げられている。
エンターテイメント

大谷翔平、「2桁勝利、2桁本塁打」の次は史上初の投打の「規定」クリアへ

大谷翔平の次なる挑戦は史上初の「規定投球回&規定打席」のダブルクリア。「今後、投手としては中5日で登板する予定となる」とネビン監督代行は語っている。この記録が達成したなら、ワールドシリーズが始まった1903年以降で史上初となる投打での規定到達となる。
エンターテイメント

エンゼルスは何が何でも大谷を放出しない!? 投打二刀流の凄さ!!

大谷翔平のバットから23号・24号のホームランが出た! 球団としても大谷影響は絶大で営業面でもうなぎ上り。ミナシアンGMは「大谷やトラウトだけのチームというわけではない」と否定するが、高年俸選手を放出してでも、来季の大谷の年俸を準備しているともいわれる。
エンターテイメント

日本プロスポーツ界の新型コロナ感染が止まらない オールスターゲームの出場辞退選手&各試合の感染対策のまとめ

7月26日からマイナビオールスターゲーム2022が始まる。今年は新型コロナの感染拡大のため出場辞退者が続出し、ヤクルトや巨人をはじめとして各球団主力選手の感染が広がり、順位にも変動か起きている。オールスター出場選手や各球団の感染対策の取組などを取り上げた。
エンターテイメント

今年も三刀流を行うのか 大谷翔平の昨年を超える「投手」「打者」の記録は確実

大谷翔平が所属するエンゼルスはア・リーグ西地区で最下位争いをしていることもあり、ニュースは移籍の話で盛り上がり、ファンは大谷の「投手」「打者」の記録更新と2年連続MVPを望む。前半戦では「野手」を行っていないが、今年も三刀流に挑戦するのだろうか。
エンターテイメント

カブス・鈴木誠也の本領発揮はこれから 鈴木を含む1試合3タイプのホームランは147年のメジャー史で初

カブスの鈴木誠也は7月4日にブルワーズ戦で、「4番・右翼」、39日ぶりのメジャー出場を果たした。この試合で第5号となるランニングホームランを放つ。一時は鈴木の能力を疑うような噂も流れたが、それを一掃するに十分な能力を発揮し、周囲のド肝を抜いた。
エンターテイメント

秋山翔吾の広島入団決定はどんでん返しではなく、チーム事情と自分の思いを最大限熟慮した結果だ

秋山翔吾外野手が広島移籍を決断したニュースが駆け巡った。西武、ソフトバンク、広島と三つ巴の激しい争奪戦だったが、広島に入団が決定。3年契約、総額3億5000万円以上(出来高払い)で交渉が妥結した。カネよりも熱意や情熱とチーム事情が決定打となった。
エンターテイメント

エンゼルスに深刻な問題が浮上! 来季の大谷翔平はエンゼルスにいない可能性も

6月21日(現地)今季4度目の1試合2ホーマー、自身最多の8打点を記録。次の日にはチームのブルペン状況を理解し続投直訴し自己最多の8回を投げ、メジャー自己新の13奪三振をマークする。来季エンゼルスには大谷を満足させるだけの年俸が払えないかも知れない。
エンターテイメント

「正直不動産」が今期No.1ドラマとの高い評価 この作品で山下智久とともに福原遥は更なるジャンプアップ!

三度にわたる連続再放送がされたのが山下智久主演の『正直不動産』は異例づくしの放送であろう。「月下咲良(福原遥)」はドラマの成功で、2022年度後期のNHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』のヒロインに抜擢されるなど、更なるジャンプアップを目指している。
タイトルとURLをコピーしました